新日本美術院の歴史

歴史を継承して、未来に向けて歩む

 新日本美術院は1968年中興の祖・義江清司初代会長が創立した。

 桟勝正はその当時美術団体「美展」を創立し、毎年、京都市美術館において京都新聞社、NHK京都放送局、その他各社後援により総合美術展を開催する美展と、新院展の義江会長との縁により1978年新日本美術院と美展とが合流合併すると同時に桟勝正は新日本美術院の初代理事長に就任して新組織を結成する。

 その後1982年に義江会長の逝去を機に、かつて美展の幹部役員であった丹羽俊夫を二代目会長に推し、出雲佐代子顧問による新体制を結成し、新たにスタートすることになる。

 それと同時に元美展の役員であった韓国の社団法人HMA心美会白滿佑会長を国際顧問として新日本美術院に推挙し、毎年一度も欠かすこと無く、日韓両国において相互に展覧会を開催すると同時に中国、台湾、欧米各国との国際美術交流を続け、国際芸術文化の向上に寄与した。

 1994年新日本美術院の運営内において、新しくマスターズ大東京展という名称で、総合美術団体を結成し、将来に備えて、学生並びに若い世代の芸術家の育成指導を図り、東京銀座セントラル美術館において最初の旗揚げをして展覧会を開催し、以後毎年4月有楽町東京交通会館において開催した。これにより新日本美術院は規模を拡大し、新院展とマスターズ大東京展を運営することになる。

 創立50周年(2018年)を迎えるにあたり一般社団法人の認可を取得、新院展は50周年記念事業を無事成功裡に終えた。桟、丹羽、出雲は37年の永きに亘り幾多の困難と変遷を乗り越え、会員を増員し、会の質のレベルアップを図るなど新日本美術院の向上発展に尽力した。社団法人の認可を取得することにより新しく役員改革を断行して、桟は最高顧問に就任し、丹羽は名誉会長に就任し、大矢良治会長(三代目)、竹市和昭理事長(二代目)、大矢会長は十年間会長を務め顧問職に就任し、大関修右新会長へと歴史は継承される。

 さらに、2019年11月新日本美術院の工芸部は港区六本木の国立新美術館において556作品を出品しての第1回新院工芸展を成功させた。これにより今後毎年、マスターズ大東京展、新院展を運営することになる。

 戦後、昭和並びに平成の巨匠たちが綺羅星の如く登場し個性豊かに表現を展開してきた。こうして絵画芸術を支える背景が激変するなか、これからの絵画その他の芸術文化のありようを模索しつつ、次世代へ継承するという命題を念頭に、国際親善交流の輪を広げ、人類共通の世界平和を願い、役員並びに会員が一丸となり伝統を踏まえつつ、美術・芸術・文化の向上、発展に寄与することこそ一般社団法人新日本美術院の使命であると確信する。

一般社団法人 新日本美術院(新院展)
最高顧問 桟勝正